SP忠男 セロー250(DG17J)POWERBOX SUS(マフラー)取り付け

SP忠男 セロー250(DG17J)パワーボックスマフラー

中古で購入した2010年式のツーリングセロー250(DG17J)、購入した時から定番パーツのSP忠男POWERBOXエキゾーストパイプが装着されており、ノーマルのフィーリングは体験したことなく、乗ってきた。これで特段の不満はなかったのだが、山で遊ぶためには軽量化する必要があり、4.8㎏もある純正マフラーをアフターパーツに交換することで大幅に軽量化できることから、気分転換も兼ね、マフラー交換することにした。

いろいろなメーカーからアフターパーツとしてセロー250用のマフラーありリースされているが、自分が選んだものはSP忠男のPOWERBOXマフラーにした。

スペシャルパーツ忠男 (SP TADAO) マフラー POWERBOX Stainless SEROW250(JBK-DG17J) SE2-PB-02
スペシャルパーツ忠男 (SP TADAO)
売り上げランキング: 161,821

理由は車検がない250ccといえども、リーガルなものにしたかったこと。JMCA認定であることが必須でかつ、性能がキチンとあるものとなると、価格は高いもののメーカー品になる。今回、DIRTFREAKのDELTAのバレル4-Sと最後まで迷ったが、SP忠男のPOWERBOXにしたのはエキゾーストパイプとの相性がよさそうだったから(それだけ)。バレル4-Sでも純正交換タイプなのでノーマルエキゾーストパイプと接続は可能であることから、POWERBOXパイプとの組み合わせは可能ではあるだろうけど。

SP忠男のPOWERBOXマフラー(サイレンサー)もチタン&カーボンチタンブルーカーボン、ウィスパー(SUSチタンブルー)とあるが、リーガルな中で周囲の車への少しでもアピールし、さらにはコストも考慮し、結局スタンダードのSUSタイプを選択した。(Amazonのランキングだとバレル4-Sとほぼ売り上げは一緒、みんな考えることは同じだなー)

スタンダードの音量は83dB(近接)・74dB(加速)。ウィスパーが82dB(近接)・72dB(加速)。ウィスパーはSP忠男によると「ほんの少しおとなしめ」とのこと(ちなみに18-セロー250(DG31J)も同じ数値)。

スペシャルパーツ忠男 (SP TADAO) マフラー POWERBOX ウィスパー Stainless SEROW250(JBK-DG17J) SE2-PB-06
スペシャルパーツ忠男 (SP TADAO)
売り上げランキング: 483,924

ちなみに純正オプションのプラナスだと、85dB(近接)・77dB(加速)。バレル4-Sが86db(近接)なのでSP忠男はかなり静かな部類になる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PRUNUS プラナス スリップオンマフラー SEROW XT250X セロー 250 トリッカー
価格:41695円(税込、送料無料) (2020/3/20時点)

楽天で購入

 

JMCAによるとアフターパーツのマフラーの規制値は94dB(近接)・82dB(加速)なのでアフターとして売られているマフラーはどれも規制値より低めが多い。

取り付け準備

取り付けには6㎜の6角レンチ、12mmのソケット(場所的にディープがよい)、あとはあればトルクレンチ、ねじロック材)が必要。

 

TRUSCO(トラスコ) ディープソケット(12角) 差込角9.5 対辺12mm TS3-12WL
トラスコ中山(TRUSCO)
売り上げランキング: 116,248
 
POWERBOXパイプとの接続の場合、ジョイントガスケットは不要だが、液体ガスケットが必要。
 
 
準備ができたところで開封の儀。箱を持ったところ、メチャ軽い!正確な重量は分からないが超軽量ステンレスアウターは伊達じゃない。チタン&カーボンに至っては重量1.1㎏とか。ステンレスでも十分に軽量化を箱の時点で実感できた。
SP忠男のPOWERBOX梱包状態
 
開封するとサイレンサーと説明書、証明書類が入っている。
 
ちなみにこの箱は純正マフラーとぴったりサイズ、保管する際にありがたい(この辺も新設設計!?)。
 
POWERBOXと純正を並べてみた。POWERBOXのほうが全長が短い。軽量化のためだろうが、このことでリアのウインカーとのクリアランスが確保され、排気によってウインカーが溶けるような余計なトラブルもない。
POWERBOXと純正マフラー
 

取り付け

まずは純正マフラーを取り外す。純正マフラーはステー2か所とエキゾーストパイプとの接続部の3か所で止まっているのでそれぞれ取り外す。
 
まずは純正マフラーの上。
セロー250純正マフラー固定ボルト1
 
ここを外すにはカウルを外す必要あり(ソケットレンチにつけるロングの6角+スピンなとかだと、カウルを外さずにボルトを回せるかも)
 
2か所目はタンデムステップの近くのここ。12㎜のディープソケットで取り外し。
 
最後にエキゾーストパイプとの接続部。6㎜の六角レンチで取り外し。
 
3か所のボルトを取り外し、エキゾーストパイプから引っこ抜く。若干固着していたので、回しながらゆっくりと引き抜いた。
 
いよいよPOWERBOXサイレンサーの取り付け。液体ガスケットを内側に塗り込む。キタコの液体ガスケットは小さいがちょうどいいサイズ。
 
液体ガスケットを塗布し、エキゾーストパイプに差し込む。はみ出たところはパーツクリーナーで簡単に拭き取れた。
 
液体ガスケットの「硬化時間は7分~(塗布厚で異なる)」とのこと。その間に車体との接続箇所(2か所)を純正のボルトを再使用してボルト止め。
 
外したボルトにはねじロック材が塗布されていたので、塗布しておいた。締め付けトルクは42Nm(4.2kgfm)。

まとめ

取り付け作業は必要な工具、ケミカルを用意して15分程度だった。取り付け後、ねじロック材が硬化した頃を見計らって、試運転。

爆音ではなく、排ガス漏れもないことを確認。純正のポポポポといった音から、ボボボボといった音に変わったが、音量自体は少し上がった程度。

白煙がしばらく出てたが、すぐに収まった。

装着後、しばらく乗った感想として、パワー感はPOWERBOXパイプ単独より明らかに変わった。悪い方向ではなく、トルクが増した感じ。これは確かに「気持ちイー!」である!POWERBOXパイプとの組み合わせは間違いない。

音量は純正から少し+で大人しめではあるものの、交換したことはルックス以外だけではなく、しっかり感じられる。静かな交換用マフラーをお探しの場合、定番のSP忠男POWERBOXエキゾーストパイプだけでなく、サイレンサーもSP忠男にするのもいかがだろうか。

スペシャルパーツ忠男 (SP TADAO) マフラー POWERBOX Stainless SEROW250(JBK-DG17J) SE2-PB-02
スペシャルパーツ忠男 (SP TADAO)
売り上げランキング: 163,617

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です