【レポート】LCCの春秋航空で飛行機輪行してみた(広島空港編)

広島空港での搭乗、手荷物(自転車の預け入れ)

※コロナ禍前に搭乗したものです。

広島空港の春秋航空の搭乗カウンターは、国内線2Fの出発ロビー、JALの隣にある(画像は広島空港フロアマップより引用)。

広島空港国内線出発ロビーフロアマップ

国内線側の2階、一番奥側にカウンターがある。

搭乗手続き前に手荷物検査の機械に自転車を通す。

検査後、カウンターにて重量計測し、料金(¥4000)を支払う。あとは着地での受け取りとなる。

手荷物を預けたら、あとは搭乗口に入るなり、出発ロビーを散策するなり。

八天堂があったので1個買う。しっとりとした食感、うまい!

まとめ

成田空港と比較し、預け入れから搭乗までかなり楽。

手荷物料金として自転車を預ける場合、¥4,000とちと高め(ジェットスターは¥2,000)だが、春秋航空の場合、セールが時々あるのでそれで相殺できれば、安価な旅ができる。コロナ禍が収束したら、広島空港を使った輪行旅もいかがだろうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です