【レビュー】やいた八方ヶ原ヒルクライム2017(エントリー編)

「やいた八方ヶ原ヒルクライム」概要

「栃木のラルプ・デュエズこと、八方ヶ原に挑戦せよ!」

このキャッチコピーの8月20日、栃木県矢板市の八方ヶ原で開催された、「やいた八方ヶ原ヒルクライム2017」に参加してきた。

全長13.4km、標高差950mを駆け上る山岳レースだ。


標高330mのスタート地点(白石りんご園前)から標高1280mの八方ヶ原・大間々台までヒルクライムする。

コースについて

公式のコース長が13.5km、ルートラボでは13.3kmだったが誤差の範囲だろう。

エントリーはスポーツエントリーかランネットでOKなので、サクッとエントリーは完了した。

きっかけは、とちぎテレビの「RIDE ON!」で存在を知り、おもしろそうだったから。
マウンテンサイクリングin乗鞍2017」は未エントリーだったし。

開催が近づいたころ、矢板市役所から郵送で参加案内とゴールまで運んでくれる荷物入れのナップサックが送られてきた。

受付会場

前日(19日)と当日(20日)でそれぞれ受付場所が異なる。

前日受付は開会式・閉会式会場の近い、泉自治公民館。

当日受付(と駐車場は向かいの矢板小学校)は泉中学校から約4.7km離れた矢板市役所となる。当然、会場の泉中学校までは自走だ。

僕は当日エントリーにしたので、受付会場は矢板市役所となる。実際は市役所の隣の矢板市体育館内だった。
体育館内でそれぞれのクラスごとに受付となる。

ここでゼッケンと参加賞、矢板市の観光案内を渡される。

参加賞

参加賞はレースロゴ入りのアームカバー。

このほか有機天津甘栗とお菓子「八方の月」が1個づつ。
有機天津甘栗は矢板市の㈱壮関が輸入しているもの、「八方が月」は「つつじの名所・八方ヶ原の月をイメージ」した今回のレースにゆかりのあるお菓子だ。

やいたブランド認証品の地元の菓子店、山本屋のお菓子。

そとはしっとり、中は飴が入っている。

このほか、道の駅やいた「レストランつつじ亭」のソフトクリーム割引券と、チーズファクトリーのソフトクリーム半額券が1枚づつ。

関連ランキング:定食・食堂 | 矢板駅

レストランつつじ亭は巨大なかき揚げ丼が有名らしい。矢板中学校のすぐそば。
レースはお昼頃には終わるので(レースリザルト発表は13時頃だった)ここでかき揚げ丼とソフトクリームを食べて帰るものよさそうだ(僕は今回は直帰)。

そしてチーズファクトリー

関連ランキング:ケーキ | 矢板駅野崎駅

スタート・ゴールの泉中学校と駐車場のある矢板小学校のちょうど間にあるので、ゴール後に矢板小学校に戻る途中でよってもよさそうだ。

そして「城の湯やすらぎの里」の入浴割引券。一般料金¥500から¥100割引。

「道の駅やいた」から2km弱。うまく回れそうな施設のクーポンがついてくる。

車は矢板小学校に駐車し、開会式会場の泉中学校まで自走となる。
この間、スーパーソニック+軽量チューブで走っていたが泉中学校手前でパンクした。

荷物はナップサックに入れ、ゴールの頂上まで運んでくれるので上着の他、予備チューブは置いていかずに会場までは持っていったほうが安心かも。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です