【レビュー】(イノヴェイト) inov-8 RACE ELITE VEST(2ボトル)

導入経緯

トレイルランニングのバックパックを選ぶにあたって、距離に比例して必要となる装備も増えるので容量が要求される。

たくさん収納しようとすると、必然的に容積が大きくなるが、バックパックを下ろすシチュエーションってどれほどあるだろう?と考えたとき、ミドル以上で温度差が大きいレースや、公共交通機関を使ってワンウェイで走るときなど、それなりに荷物を運ぶ必要があるときなんかに限られ、そこまで必要かと考えていた。

今はロングまで使えるオールラウンダーの「salomon SKIN PRO 14+3 SET」を使っている。

1.5Lのハイドレーション付きで、サイドジッパーを広げることで+3Lとなり17Lまでの容積を誇る。

このほかサイドポケットにエナジーバーなんかを多数収納可で、ザックを下ろさずにアクセスできることや、背負うのも負担にならないなど、よく考えられているザックで、どれか一つを選ぶかと考えに考え、選んだバックパックだ。

ただ、30kmまでのレースや練習でハイドレーションは使わずボトルで済ませてしまうし、スタート・ゴールも同地点となるので、荷物もそこまで持たないことも多く、容量を必要としないシチュエーションが出てきた。

そこでトレイルランニングのショートレースや練習で使えるバックパックがないか物色し、僕の使い方ならベストタイプがよさそうだと思い、下ろすこともないので前面ボトルが可能なもので絞っていった。

最終的にULTIMATE DIRECTIONinov-8のベスト2種類に絞り、容量は多くないinov-8 Race Elite Vestにをチョイスした。

こいつの使用感をレビューする。

[アルティメイトディレクション] トレイルランニングバッグ HARDROCKER VEST IVY 90458317_S - グレー_M
Posted at 2017.12.1
ULTIMATE DIRECTION
販売価格 ¥24,840(2017年12月1日20時57分時点の価格)

 

重量について

商品構成はベスト本体と付属する500mlボトル2本だ。

ベスト単体での重量は200g強。100gほどはザックより軽い。

ボトル1本の重さは60g強。

付属ボトル

付属する500ml入りの専用ボトルは、ベストに付属ゴムで飲みくちに引っ掛け固定する。

飲むときなどはゴムを引っ張って、取り外す。

ボトルへ水を入れる際は、飲み口のキャップを取り外す。取り外した口の大きさは約3.5cmだ。

ボトルには目盛りがあるので、水分量の調整が可能だ。

ボトルの口は3.5cmあるので、粉のスポーツドリンクやハイドレーションタブレットの投入もラクラクだ。レース中のエイドでも補給をラクに受けることができるだろう。

ファイン イオンドリンク 砂糖不使用 カロリーゼロ スポーツドリンクの味 22包入×2個セット
Posted at 2017.12.1
ファイン
販売価格 ¥790(2017年12月1日22時12分時点の価格)

ハイドレーション

付属するボトル以外にも別売りのハイドレーションをベスト背面に収納することが可能だ。
inov-8純正ではなくても使用可能だ。試しに手持ちのSALOMONのハイドレーションを装着してみたが、サイズ的に余裕だった。
[サロモン] ハイドレーションパック SOFT RESERVOIR 1.5l SOFT RESERVOIR 1.5L None
Posted at 2017.12.1
SALOMON
販売価格 ¥3,920(2017年12月1日22時57分時点の価格)
ハイドレーションのチューブを通した状態。ベストの中を通し、前まで通す。
ベストにゴムループがついているので、チューブの先はそれを使って止めることが可能だ。

前ポケット

ベスト全面に装備されたポケットは左右3個で計6個ある。このうちボトルで2個使用するので残りの4個にジェルなどを入れることが可能だ。ポケットには脱落防止のためフタが付いている。

中段のポケットは、下段のボトル用のポケットとのクリアランスから大きさ的に10cm程度までのものが入る。エナジーバーだと2本を入れられる容量だ。

【PowerBar】パワーバー エナジャイズ チョコレート×3個セット
Posted at 2017.12.1
パワーバー
販売価格 ¥972(2017年12月1日23時28分時点の価格)
上段のポケットはもう少し大きいものを入れることが可能。
大体15cmほどの長さのジェルが4本ほど入る。深さがあるポケットなので、梅丹なんかの細長いもの(画像はHigh5)の方が数を入れられる。
Meitan(メイタン) サイクルチャージ カフェイン200 15包入(40g×15包) 4135
Posted at 2017.12.1
梅丹本舗
販売価格 ¥3,690(2017年12月1日23時43分時点の価格)

その他の装備

このベストには緊急用の笛(ホイッスル)がベスト左側前部に標準で付いている。スライドさせると取り外しが可能だ。

ハイドレーションを格納できる背面部分には、コードが備えてあり、ポールなどの荷物を括くくり付けることが可能だ。

まとめ

軽量でジェルなどの行動食はそれなりに搭載できることがわかった。

身につけてみた感じだと羽織って、2箇所を止めるだけだが、フィット感はいい。

ただ、こいつには携帯電話を入れられるポケットがない。

レースでは緊急用として携帯することを義務付けられていることや、今時持ち歩かないということは考えられないので、携帯電話を身につけるためには、別途ランニングポーチが必要だ。

<2017.12.16追記>ELITE VESTに追加するランニングポーチ購入、詳細はこちらへ。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です